ページトップへ戻る

 
  
【重要】お届けにつきまして

いつも弊社オンラインショップをご利用いただき誠にありがとうございます。

新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が全面解除されましたが、 弊社におきましては、引き続き感染拡大防止策対応として、スタッフの出社人数を絞り業務に当たっており、 通販に関しましては、原則、火曜日と金曜日を出荷日とさせていただいております。

お届けまでの日数をできる限り短縮するべく、最大限の努力をしてまいりますので、 引き続き皆さまのご理解とご諒承を宜しくお願い申し上げます。

お届けいたしますお茶が、皆さまに少しでもホッとする時間をご提供できますようにと願いつつ、 皆さまとご家族の方々のご健康を心からお祈り申し上げております。

【大雨による配達の遅延につきまして】一部の地方において配送に遅延等の影響が発生する場合がございます。→詳しくはこちら

  • 新着
  • NewChattle
  • 中国茶講座
  • スクール遊茶
  • 8640円以上で送料無料
  • ギフトラッピング承ります
  • LINE公式アカウント
New Arrival | 新着商品
Sweets | お菓子を選ぶ
Beginner | 初めての方へ
  • チャイレージクラブ会員特典
  • 個性で選ぶ中国茶
2020年 07月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
休業日(出荷なし)
出荷日
2020年 08月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
休業日(出荷なし)
出荷日
     
 

トップ > 緑茶 黄茶 > 太平猴魁 たいへいこうかい taipinghoukui
新着商品 > 太平猴魁 たいへいこうかい taipinghoukui
1,001円〜3,000円 > 太平猴魁 たいへいこうかい taipinghoukui
茶葉 > 太平猴魁 たいへいこうかい taipinghoukui

太平猴魁 たいへいこうかい taipinghoukui

太平猴魁 たいへいこうかい taipinghoukui 太平猴魁 たいへいこうかい taipinghoukui 太平猴魁 たいへいこうかい taipinghoukui
太平猴魁 たいへいこうかい taipinghoukui 太平猴魁 たいへいこうかい taipinghoukui 太平猴魁 たいへいこうかい taipinghoukui
拡大画像

This Tea

"歴史名茶"、"中国十大名茶"に名を連ね、伝統と質を兼ね備えた中国を代表する緑茶。その特異な外観はあまりにも印象的。産地である安徽省黄山市黄山区新明一帯は平均海抜350mほどの中低山地帯。土壌といい気候といい、茶樹が良い茶葉を育てるのに適した条件が揃っています。1800年代中頃には既にこのお茶の前身とされる「太平尖茶」が作られていたとの記録があり、1900年、"両葉抱芽,扁平挺直,自然舒展,白毫隠伏"と形容される、現在の外観を伴う製法が整い、"太平猴魁"との名称が確定しました。
 

Buyer's Memo

遊茶が始まって10年近くは毎年、緑茶のラインナップ常連であったのに、あれよあれよという間に、それこそ天にも届きそうな高値になってしまったもので、本当に久しく入手を断念していたお茶です。現地の茶葉市場で見かけたとかサンプルの茶葉ではなく、商品として手にする感激はひとしお。ペタンとして長く大きい、このお茶以外は絶対に持ち得ない外観を目前に、嬉しさのため息が漏れたのはウソではありません。アスパラガスを想起させるグリニッシュな香りのアタックの後に、微かな炭香と涼やかな花香が鼻先をスッとかすめて消える一方、決して濃くないのに甘く旨く奥行のある滋味が口中を満たしてくれる…太平猴魁が有するべき"猴韻"の正体を是非、ご自身でご確認ください。
 

Data

6大茶類     緑茶
産 地    (中国大陸) 安徽省黄山市黄山区新明猴坑
茶 樹    柿大種
製茶時期 2020年4月22日
内容量  10g

花・果実の香り
うまみ
甘い香り
しぶみ
焙じ香
ボディー
淹れ方の目安(300ccのポットに対して)
お湯の温度
85〜95
茶葉の量
3~5g
時間
1
抽出回数目安
3~4
商品コード : 15220
価格 : 円(税込円)
ポイント : 64
数量
 

配送先ごとで、合計金額が8,500円以上の時に送料無料。,講習会のみの申込みには送料はかかりません。

The Origin Story

昔も今も、中国国内茶葉生産地の全域で生産されており、生産量、消費量共に圧倒的シェアを誇る茶類。日本の緑茶とは加熱⇒揉捻⇒乾燥という基本的製茶工程を同じくしながら、各過程の加工技術の違いが両者間の個性の違いとなっています。特に日本は蒸し製、中国は炒り製を主流とする加熱方法の違いによる影響が大きく、日本緑茶の旨み、中国緑茶の香りに表現されています。また、中国緑茶は見た目=外観の美しさや独自性に価値を置く傾向が強く、形態のバリエーションの豊富さと精密製には目を見張るものがあります。。

スクール情報


これから中国茶を始めたい!というかたにピッタリ! 基本的な知識はこれでバッチリの 1 回完結レクチャー。 お茶の種類や茶器の使い方、淹れ方の基本まで中国茶の基礎知識をバッチリ網羅。 お茶の試飲を交えた、あっという間の 90分です。