ページトップへ戻る

 
  
【重要】お届けにつきまして

いつも弊社オンラインショップをご利用いただき誠にありがとうございます。

新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が全面解除されましたが、 弊社におきましては、引き続き感染拡大防止策対応として、スタッフの出社人数を絞り業務に当たっており、 通販に関しましては、原則、火曜日と金曜日を出荷日とさせていただいております。

お届けまでの日数をできる限り短縮するべく、最大限の努力をしてまいりますので、 引き続き皆さまのご理解とご諒承を宜しくお願い申し上げます。

お届けいたしますお茶が、皆さまに少しでもホッとする時間をご提供できますようにと願いつつ、 皆さまとご家族の方々のご健康を心からお祈り申し上げております。
  • NewChattle
  • 新着
  • 中国茶講座
  • キャッシュレス
  • スクール遊茶
  • 8640円以上で送料無料
  • ギフトラッピング承ります
  • LINE公式アカウント
New Arrival | 新着商品
Sweets | お菓子を選ぶ
Beginner | 初めての方へ
  • チャイレージクラブ会員特典
  • 個性で選ぶ中国茶
2020年 06月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
今日
出荷日
2020年 07月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
休業日(出荷なし)
     
 

トップ > 大陸産烏龍茶 > 安溪祥華鉄観音 あんけいしょうかてっかんのん Anxi Xianghua Tieguanyin

安溪祥華鉄観音 あんけいしょうかてっかんのん Anxi Xianghua Tieguanyin

安溪祥華鉄観音 あんけいしょうかてっかんのん Anxi Xianghua Tieguanyin 安溪祥華鉄観音 あんけいしょうかてっかんのん Anxi Xianghua Tieguanyin 安溪祥華鉄観音 あんけいしょうかてっかんのん Anxi Xianghua Tieguanyin
安溪祥華鉄観音 あんけいしょうかてっかんのん Anxi Xianghua Tieguanyin 安溪祥華鉄観音 あんけいしょうかてっかんのん Anxi Xianghua Tieguanyin 安溪祥華鉄観音 あんけいしょうかてっかんのん Anxi Xianghua Tieguanyin
拡大画像

This Tea

近年流行の軽焙煎の清らかさと、伝統的な重焙煎の濃厚さをあわせ持つ、ほんのり香ばしい中焙煎仕上げの鉄観音です。
 

Buyer's Memo

茶葉は明るい褐色、茶水は透明感ある琥珀色。華やかな蘭花香と糖蜜のような甘い香り、加えて焙煎香の見事なバランスが楽しめます。喉ごしはなめらかで、体じゅうに染み渡るような優しい味わい。さっぱりとして食事と合わせやすく、お茶請けも選ばない万能型。清香系鉄観音と飲み比べて、それぞれの個性を楽しんでみるのもおすすめです。
 

Data

6大茶類 青茶(烏龍茶)
産 地 (中国大陸)福建省安渓県祥華
茶 樹 鉄観音
製茶時期 2015年5月
内容量 25g

花・果実の香り
うまみ
甘い香り
しぶみ
焙じ香
ボディー
淹れ方の目安(300ccのポットに対して)
お湯の温度
90〜100
茶葉の量
5g
時間
2
抽出回数目安
4〜5
商品コード : 16234
価格 : 円(税込円)
ポイント : 48
数量
 

配送先ごとで、合計金額が8,500円以上の時に送料無料。,講習会のみの申込みには送料はかかりません。

The Origin Story
福建省南部安渓県は烏龍茶発祥地のひとつとされ、様々な品種から多くの烏龍茶を生産しています。
その中で質、量ともに他の追随を許さずトップの位置を占め続けてきたのが鉄観音。その発祥は安渓県の西坪地区にあり、“王説”、“魏説”などいくつかのいわれがありますが、いずれにせよ1700年代から始まったとされています。緑茶が生産量、消費量共に圧倒的優位占める中国において、烏龍茶の知名度向上と消費拡大を先頭になって促進してきました。茶畑が広範囲に分布しており地域によって異なる個性を持っていますが、質の高い鉄観音が共通して持つ蘭の花に喩えられる香りと厚みのある味わいは“音韻”と称され、まさに烏龍茶の中の烏龍茶といえます。
And More ...
産地の祥華は鉄観音発祥の地である西坪から100km程山道を上がっていった所に位置し、1,000年ほど前からお茶が作られていたとされています。1980年代初め、新たな経済的活路を求めたのが鉄観音品種の導入による製茶で、90年代の終りには域内の山や谷が茶樹の緑で覆われ、一大産業に成長しました。伝統製法にこだわりつつ常に品質向上に努力を続ける祥華の鉄観音は、高所という地理的優位性も加わり、“韻香”と呼ばれる花香と焙煎香が見事なバランスを見せるお茶となっています。
 
スクール情報記載エリア

これから中国茶を始めたい!というかたにピッタリ! 基本的な知識はこれでバッチリの 1 回完結レクチャー。 お茶の種類や茶器の使い方、淹れ方の基本まで中国茶の基礎知識をバッチリ網羅。 お茶の試飲を交えた、あっという間の 90分です。