ページトップへ戻る



【重要】ポイントシステムの統合に当たりまして2022年5月22日(日)18:00〜暫時 ポイント付与を一時停止します。 詳細はこちら

【重要】オンラインショップリニューアルに伴うメンテナンスのお知らせ 詳細はこちら

【配送について】クロネコヤマトとLINE連携すると、ご自身でのお届け日時変更が可能になります。連携方法などの詳しくはこちら(ヤマト運輸のサイトにリンクします)

  • 新着茶葉2021
  • 中国茶講座
  • スクール遊茶
  • 8640円以上で送料無料
  • ラッピングご購入はこちら
  • LINE公式アカウント
New Arrival | 新着商品
Beginner | 初めての方へ
  • チャイレージクラブ会員特典
  • 個性で選ぶ中国茶
2022年 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2022年 06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
     
 

トップ > 凍頂・高山茶他

凍頂・高山茶他
凍頂・高山茶他
およそ200年前、海を隔ててお向かいの福建省から茶樹と人と技術が渡り来て始まったという台湾の茶業。現在では島全体に茶園があるばかりか亜熱帯という気候条件を活かし海抜2,000mを越える場所にまで茶畑が広がっています。その中で圧倒的な生産量を占めるのが丸くしっかりと揉捻されたタイプの烏龍茶。品種では“青心烏龍”が広く使われていて、多くは生産地が茶名に反映されています。それに対し“四季春”、“金萱”などの品種から作られたものは、その品種名が茶名に入っています。ちなみに海抜1000m以上の場所で栽培された茶葉から作られたものは高山茶と呼ばれ、繊細で優しい口当りと花を思わせる華やかな香を特徴とします。

全21件

  • 杉林渓高山茶 25g すぎばやしけいこうざんちゃ Shanlinxi Gaoshancha

    杉林渓高山茶 25g すぎばやしけいこうざんちゃ Shanlinxi Gaoshancha

    2,160円(税込)

    • 17501

    This Tea 産地の"杉林渓"は、台湾3大高山茶地区のひとつ。海抜およそ1200mから2000mの間に茶園があります。その中で最も高い所に位置する"龍鳳峡"がこのお茶の故郷。周囲を鬱蒼とした杉林や竹林に囲まれ、雲海を下に見る茶園は、原生林を切り開いて開拓されました...

    品切れ